カードローンから勤務先に電話があると困るけどどうしたらいい

今月やむを得ない出費が多く、仕方ないのでカードローンに頼ることにしました。そこで申込みをしたいのですが、審査時に勤務先への在籍確認があるという情報を得たのです。

これって勤務先にカードローン業者から電話が来るってことですよね。勤務先にカードローン利用がバレるのは嫌なので、勤務先に電話が来たら困るのですが、どうしたらいいのでしょうか?

在籍確認では業者名を名乗りません!

在籍確認は大抵のカードローン業者で行われています。目的としては、申込み時に書かれた勤務先に本当に申込者が勤務しているかの確認になります。これは利用条件である「安定した収入」に関わってくることになるので必ずされると考えていいでしょう。

さて、勤務先に連絡されるとカードローンの利用がバレて嫌だと考える人は多くいます。そして、その感情は当然のものです。カードローンの利用が気軽に行えるようになったとはいえ、借金を背負うことは家族であれ知られたくないと考えてしまうものです。

でも、安心してください。この在籍確認の電話でカードローン業者は「カードローン業者である」ことを勤務先に話したりはしません。電話担当の名前など個人名でかけるところがほとんどです。そのため、勤務先にはカードローン業者からの在籍確認であると知られることはないのです。

また、在籍確認以外で勤務先に連絡が入るとしたら返済を延滞した場合です。延滞することはあってはなりませんが、万が一、返済をし連絡が取れなくなることがあると、カードローン業者は勤務先や家族の元に連絡をいれることになります。ただ、その場合もはじめはカードローン業者であることは名乗らないようです。しかし、何度電話しても連絡が取れないとなると、名乗っても仕方ない話しですよね。こうしたことがないように返済は滞り無く行うようにしましょう。

在籍確認は以上のようにバレることなく行われるのですが、稀に例外があります。それが派遣社員だった場合です。派遣社員の場合、派遣先ではなく、派遣会社に在籍確認を取りますが、個人情報保護のため派遣社員の情報を漏らすことができません。それは所属しているかも言えないのです。そのため、派遣社員の場合は事前に在籍確認の電話がある旨を派遣会社に話しておかないといけないのです。

また、最近では通常の会社でも働いている人の情報を簡単に話せないことがあったり、規律により在籍確認の電話がかけられない会社があったりします。その場合は、事前にカードローン業者に相談することで別の方法を指示してもらえることがあります。たとえば、在籍を証明できるものを提示だったり、社員証のコピーだったりですね。カードローン業者側も利用者のバレたくない気持ちはよく理解しています。不安なことがあれば、まずは相談してみるといいでしょう。

電話は困る人の為のカードローン会社の見付け方

カードローンを借りたい!でも一番困るのはカードローン会社から働いている会社への在籍確認の電話…これがあるからなかなか申し込めない…。こんな人は結構多いのではないでしょうか。実際にお金を借りたいけれども、会社への在籍確認があるのでそれがとても怖くて結局のところ、カードローン会社に申し込みをすることを諦めているという人の話しを何度か聞いたことがあります。ならば在籍確認の無いカードローン会社は存在しないのでしょうか。

電話は困る人の為のカードローン会社の見付け方って何か方法があるんでしょうか?今では、大手の消費者金融の中でも会社への在籍確認を行わないところが増えてきています。在籍確認があるために、なかなか申し込みが出来ないという人のために配慮した新しい形なんだと思います。ただしその場合は、金融会社がいろいろと条件を出す場合がありますので、それらが可能な人たちが申し込むことが出来るのです。つまりは、電話での在籍確認をしなくてもそれ相応の書類を提出することが出来れば、在籍確認の電話は必要ないということになるのです。

言い換えるとそれらの書類を用意出来ない人にとってはカードローン会社に申し込むと必ず在籍確認の電話があるということになります。ただし、今の時代いろいろな金融会社が存在します。もしかしたら会社への在籍確認の電話はいらず、携帯電話などで本人確認することが出来れば融資してくれるカードローン会社がもしかすると存在するかもしれません。そのような情報はインターネットを使って検索してみると見つかる可能性が高くなりますよ。特にカードローンや消費者金融などの金融掲示板などをくまなく見てみると情報を見付けられる可能性があります。

予想外の資金不足を補ってくれました

大学も出て、社会人としてもなんとか形になってきたと思い、近いうちに同棲を始めるつもりで実家を出ました。転居費用や家電購入資金は貯金していたつもりだったんですが、調理器具や食材が予想外に高く、その分だけ足りなかったんです。

そこで申し込んだのがカードローンです。仕事があっても前日の夜にネットで申し込んでおけば審査が進むし、早ければその日のうちに振込融資もしてもらえる所を選びました。

夜の申込みで翌日の午前中に審査可決の案内が来ました。身分証明などは予め画像にしておいたので、手続き全般もスムーズに、借り入れができました。

毎年恒例コンサート、キャッシングで

ここのところ、毎年ある季節になると、大好きなアーティストのコンサートに行くのが恒例になっています。年に一回とはいえ、東京まで行く交通費と宿泊費、コンサートのチケット代、基本的には月々ちょっとずつ貯めたお金と、キャッシングで毎回まかなっています。

今年も10回目、最近、職場の残業が減って、体は楽になっていたのですが、貯金はちょっと心許なかったのですが、なんとしても行きたい、と三分の二はキャッシング分でのコンサート旅行になりました。

申し込みは、チケット購入と同様、インターネットを利用します。チケット購入よりも手続きが簡単で、入力方法がわかりやすい。さらに即日融資で、コンサートぎりぎりに申し込んでもOKだったので、助かりました。

親孝行にキャッシングを利用出来た

40過ぎてもまだ独身で親不孝しているため、たまにはと両親に温泉旅行をプレゼントすることにしました。しかし安月給の一人暮らしで貯金も無いため、キャッシングを利用しました。

申し込みに色んな手続きとか必要かなと思ったんですが、パソコンで申し込みが完了したのですごく便利でした。ネットショッピングと変わらない感覚でしたね。せっかくなので多めに借りて、ちょっと良い旅館に申し込みましたよ。

両親も楽しかったようで、すごく喜んでくれました。少しは親孝行が出来たかな?これでしばらく結婚しろってうるさくなくなるかもしれませんね(笑)。たまにはこうやって親孝行するのも悪くないなって思いました。